アトピーという肌トラブルについて

肌トラブルで代表的なアトピー。その症状を引き起こす原因は、皮膚のバリア機能が低下してしまっていることが挙げられます。アトピーの特徴は、その強い痒みです。普通の乾燥肌の場合、肌が荒れたり、少しの痒みを伴ったりする程度ですが、アトピーの痒みは強く、寝ている間にかきむしってしまうこともあるほどです。

女性皮膚バリア機能を正常に保つためには、セラミドを十分に体内に取り入れる必要があります。アトピーケア用品にはよくセラミドの配合されているものがありますが、これが理由です。また、アトピーの症状は、乾燥してしまうことであり、保湿ケアをすることも重要です。そのため、肌の表面をワセリンや馬油といった脂分でコーティングするのも有効な対策です。

また、重度のアトピーになると、市販品だけのケアではなく、皮膚科などの病院にいく必要があります。その際に処方されるのがステロイド外用薬です。ステロイドの効果は非常に強いものですが、顔面へ塗ると、ステロイドが吸収しすぎてしまいます。そのため、短期間での使用に抑えるのが良いでしょう。

このように、アトピーケアには、自分でできるものから、病院での措置まで幅広いものがあります。症状の重さによって、どの程度のケアをするのか決めるようにしましょう。このサイトでは、子供だけでなく、大人も悩まされる肌のトラブル、アトピーについて解説していきます。お困りの方はぜひとも参考にしてみてください。