保湿剤について

アトピー対策としてまず挙げられるのが、肌の保湿がいかにできているのか、ということ。保湿はまず皮膚の表面を保護することから始まり、それは外部からの有害物質を防ぐ役割を持ちます。それでは保湿とは皮膚の表面を保護するだけで良いのかと言われれば答えはNoです。皮膚表面だけを保護するだけでなく、その次に重要なことは皮膚自体の水分を保持することです。

女の子アトピー肌の人は、肌が乾燥しやすいという特徴があります。そのため、水分をしっかりと与え、保持してくれる役割のある保湿剤を選んであげましょう。単純に水分を与える、保持するといっても、その働きは成分によって異なります。

たとえば、グリセリンやアミノ酸などの、外部にある水分を吸着させるタイプの保湿剤があります。また、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの場合は、肌の表面を包み込むようにして水分を与え、お肌の潤いをキープさせます。セラミドは、角質層の細胞間脂質の層の隙間に水分を挟むようにして保湿を促します。これらのうち、どれが一番良いといったことではなく、さまざまなアプローチによって水分をきちんとお肌に与えてあげることが大事です。普段使っている化粧水や美容液に何の成分が含まれているかを確認しておくことで、お肌にどんな効果をもたらしてくれるのかがわかるでしょう。

保湿の仕方

アトピー対策は基本的に一つしかありません。その対策方法は肌の保湿のみです。なぜこの肌の保湿がアトピー対策になるのかと言うと、アトピーを発症してしまう方のほとんどが肌の乾燥により、外部から悪性の物質が入り込んでしまい、炎症などをおこし、肌をかいてしまい、肌を荒れさせてしまい、アトピーを引き起こしてしまうのです。このようなアトピーにならないように肌の保湿は非常に大切な要素になりますので、毎日の肌ケアが大事となります。

ワセリンそして、この保湿ですが、保湿の方法もいくつかあり、今回はその中の一つをみなさんにご紹介させていただきます。まず、保湿をする上で大切なのは、皮膚の表面をしっかりと保護してあげることです。アトピーを発症してしまったひとの肌には、皮膚を保護する働きのある保湿剤が適しています。このような保湿剤には、肌の表面を覆い、異物が入ってしまったり水分が蒸発してしまったりするのを防ぐ役割があります。代表的な保湿剤としてあげられるのが、白ワセリンでしょう。アトピーでかゆみがある肌なども、白ワセリンを使用することで症状を緩和できるといわれています。市販のものでも十分な効果が期待できますから、気になる方はぜひ利用してみましょう。高価なものを少しずつ使用するより、自分の肌に合ったものをたっぷりと使う方が良い場合もあります。

アトピーという肌トラブルについて

肌トラブルで代表的なアトピー。その症状を引き起こす原因は、皮膚のバリア機能が低下してしまっていることが挙げられます。アトピーの特徴は、その強い痒みです。普通の乾燥肌の場合、肌が荒れたり、少しの痒みを伴ったりする程度ですが、アトピーの痒みは強く、寝ている間にかきむしってしまうこともあるほどです。

女性皮膚バリア機能を正常に保つためには、セラミドを十分に体内に取り入れる必要があります。アトピーケア用品にはよくセラミドの配合されているものがありますが、これが理由です。また、アトピーの症状は、乾燥してしまうことであり、保湿ケアをすることも重要です。そのため、肌の表面をワセリンや馬油といった脂分でコーティングするのも有効な対策です。

また、重度のアトピーになると、市販品だけのケアではなく、皮膚科などの病院にいく必要があります。その際に処方されるのがステロイド外用薬です。ステロイドの効果は非常に強いものですが、顔面へ塗ると、ステロイドが吸収しすぎてしまいます。そのため、短期間での使用に抑えるのが良いでしょう。

このように、アトピーケアには、自分でできるものから、病院での措置まで幅広いものがあります。症状の重さによって、どの程度のケアをするのか決めるようにしましょう。このサイトでは、子供だけでなく、大人も悩まされる肌のトラブル、アトピーについて解説していきます。お困りの方はぜひとも参考にしてみてください。